月別アーカイブ: 2017年5月

鼻の美容整形|人気の術式とかかる費用など

鼻の美容整形を行いたいと感じている人も多くなっていますが、どのような術式があるのか知っていますか。人気の術式とかかる費用などについて今回は紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。
美容整形にかかる金額に関しては、はっきりいってローンでも組まないといけないくらいの高額なものもあります。プチ整形は、比較的安い事が多いのですが、手術費用はピンからキリまであります。
鼻整形やダイエットなどの施術に取り組んでいるクリニックは全国におおくあると言われていますが、本格的に美しい身だしなみを整えるうえで、専門医に相談を持ち掛ける事が何よりも大切になってきます。
特に、患者へのサポートが行き届いている医療機関の見極め方については、女性向けのファッション雑誌などに特集が組まれている事もあり、早いうちから便利なツールを活用するのもおすすめできます。鼻整形のリスクや副作用などが知りたいと感じている人は、信頼できる医師にアドバイスをもらう事が何よりも重要な課題となっています。
鼻の悩みと言っても様々な悩みがあります。鼻全体を高くしたい、鼻先を高くしたい、団子鼻を治したい、豚鼻を治したい、ワシ鼻を治したい、小鼻を小さくしたい、曲がった鼻を治したい、鼻筋を細くしたい、切らないで鼻の整形をしたいなどと個人で違ってきます。
鼻の整形に成功している人の多くは、自分がなりたい鼻を知り、施術方法やリスクを念入りに調べて医師に相談しています。
ヒアルロン酸注入により隆鼻術は、ヒアルロン酸注入は注射だけで終わり、費用はヒアルロン酸の種類により違ってきますが、約5万円程度となっています。施術時間が短時間で終わって、痛いや内出血も比較的少なく、値段も安いので人気となっています。ヒアルロン酸は個人差がありますが、3ヶ月~半年程度で身体に吸収されるので定期的な注入が必要となってきます。
プロテーゼ隆鼻術です。プロテーゼを挿入することで、永久的に高い鼻を手に入れる事が出来ます。しかし、不自然になって失敗してしまう事もある施術法となっています。費用の相場としては、30万円以上となっていて、痛みや内出血、ダウンタイムも長いと言われています。
小鼻縮小は鼻を小さくすることが出来ます。小鼻縮小手術は小鼻の大きさにより、内側法と外側法のどちらかを選びます。費用は15万円~30万円と幅があります。内側法は鼻の中を切開するので、傷は目立ちませんが効果は小さいと言われています。外側法は小鼻の横に広がっている部分を切開するので、効果は出やすいと言われていますが、傷跡が目立ってしまう可能性がありダウンタイムで腫れやすくなってしまいます。
鼻骨の骨切・幅寄せ手術はまっすぐ細い鼻筋にすることが出来ます。鼻筋の骨を切り取り幅寄せをすることで鼻を細くすることができます。大がかりな手術なので、費用は最低でも50万円以上と高額です。他の鼻整形手術と比べると内出血やりよい腫れが出てしまうので、ダウンタイムも1週間~2週間と比較的長くなりますし、医師のスキルが低い場合には、失敗してしまう事がありますので、カウンセリングはきちんと念入りに行っていく必要があります。
このように鼻整形手術も沢山ありますので、自分に合った方法きちんと知る事が大切になってきますし、費用が掛かってしまう手術になるとリスクも大きくなってしまうという事を頭の中に入れて上でどんな方法で鼻の整形を行っていくのかきちんと決めるようにしましょう。